現役プログラマーの暴露ブログ
特徴

プログラマーのやりがいは何?顧客の利益に貢献する3つの内容も!

プログラマーのお仕事って、ベース的には仕様に従って設計書を作り、その設計書に従ってプログラミングしていく仕事となります。

では、そのプログラマーのやりがいってどんなものだと思いますか?


僕が実に関しまして感じている「やりがい」とは、やっぱり『お客様の利益に貢献できること』だと思います。

では、どんなことでお客様の利益に貢献できると思いますか?


ここではそんな、お客様の利益に貢献することで感じているプログラマーのやりがいをお届けします。


この記事でわかること

・プログラムによって利益に貢献その1:時間的節約
・プログラムによって利益に貢献その2:人的節約
・プログラムによって利益に貢献その3:トラブル防止による安全性



それでは行ってみましょう




利益に貢献その1:時間の節約で効率アップ!


プログラマー,時間,節約

あなたなら、単純作業を100回繰り返す仕事をどう感じますか?

手動なら1回あたり3分かかる作業でも、自動化すれば1回あたり10秒で終わらすことも可能です。

この場合ですと、3分×100回で300分掛かっていた作業が、10秒×100回で1000秒、つまりは16分程度で終わることになります。


時間効率がよくなることで会社にとっては下記の点が利益となります。

・作業時間が減るので、雇っている人を減らすことができる
・作業時間が減るので、空いた時間で別の作業に取り掛かることができる



実際、僕が作ったシステムで、バイトを2名減らすことが出来た、という案件がありました。

仮にバイトが1ヶ月で10万円のお給料だった場合、2人なので1ヶ月20万円です。
1年ですと20万円×12ヶ月で240万円になります。


請け負った費用が200万円ほどでしたので、こちらのお客様はほぼ10ヶ月で元を取った計算になりますよね。
そして、それ以降はプラスになります。

厳密にいえば、このお客様からは毎月の保守費用を頂いていますので、もう少し経費はかかっているでしょう。
それでも、バイトを2名雇い続けるのと比べると随分の節約になりました。

こみたいに、作業を自動化することによって人件費の削減にも大いに貢献できるわけです。

(この時、バイトを辞めることになった方には少々申し訳ない気持ちにもなってしまいましたが・・・)


ただ、色んなシステムの自動化が進むことで、人的労力が不要になるということで失業者が増えるのではないか?
という懸念点も一部では存在します。

けれども、コンピュータでは行うことが出来ないような仕事は世の中にはたくさんあります。
そういったところではまだまだ需要がありますので、自動化=失業者があふれる、ということにはならないでしょう。


また、人件費の削減ではなく、システムを導入することで空いた時間を別のプロジェクトに時間を費やすことで、そちらのプロジェクトからの収益が得られた場合においても、お客様の利益に貢献できたと言えるでしょう。


プログラマーにとって、時間削減はすべての方が思っていることかと思われます。

このように、「時間削減」は企業の利益にもっとも直結しやすい目に見えた効果だと言えるでしょう。


また、会社の評価に関しては、時間が何%削減できたのか、という成果の数値をアピールするのがとても有効なんですよね。

「時間の削減」というものは、相手企業にとっても自分自身にとっても、多く有効な結果だと言えます。




利益に貢献その2:作業負荷軽減で人的節約も!


プログラマー,作業負荷,軽減
作業負荷軽減に関してもプログラムは大いに効果が見込めます。

時間削減と意味的には被ってしまうところもあるのでありますが、手動による単純作業ってツライですよね。

逆に、肩がこって大変なくらい複雑な手作業もツライです。


そんな、単純作業でも複雑な作業でも、プログラムによって自動化してしまえば、あとは全てコンピュータが作業をこなしてくれます。


腱鞘炎になるくらい手を酷使している作業が自動化されたら・・・

様々な数式を計算し、一つ一つ確認しながら作業をしているものが自動化されたら・・・

新人でもベテランでも同じ作業時間で仕事を終えることができたら・・・



どうでしょうか?

プログラムによって自動化することで、これだけの効果があるんですよ。

やっぱり作業負荷の軽減もプログラムによる自動化の大きな効果と言えるでしょう。


実際、僕も自作ツールを作る経緯については、この作業負荷軽減が主な理由です。




利益に貢献その3:自動化でトラブル防止!


プログラマー,セキュリティ,防止
そしてこちらも重要なポイント。

プログラムによる自動化でトラブルを防止し、安全に作業を進められるということが挙げられます。

やっぱり手動ってどうしても危険を伴います。
うっかりミスもありますし、見間違いもあります。


そのためのダブルチェックとして複数名で確認したりもしますね。


でも、プログラムで自動化することにより、手動で行うよりも圧倒的に安全面が向上します。

もちろん、そのプログラムが正常に終了した、という確認作業は必要です。


ですが、長いステップを手作業で行うのと、自動で行うのでは安全面は全く違います。

よく、古い考えの人の場合は「Excelの計算結果を信じずに電卓で計算して確認したりする」という笑い話がありますよね。


ちゃんと間違いなく仕様通りにさえ作られていれば、プログラムには「うっかりミス」「見間違い」はありません。

プログラムはコンピュータのメモリの限り、安全に疲れ知らずで働いてくれるんです。


自動化が無理なお仕事もあるものの、可能な限り手動の作業を減らし、自動化を進めるべきだと僕は思います。


作業ミスをしてしまうと、企業としては致命的なものもあるでしょう。

うっかりミスで顧客情報をメール送信してしまった、なんてケースが考えられます。

でも、自動化でメールを送っていれば、顧客情報の誤送信なんて発生しないですよね。


このように、自動化をすることで安全面はグッと向上します。

こうした、「安全性、守り、セキュリティ」についても、プログラムは企業の利益に貢献できると言えるでしょう。





まとめ




今回は、僕がプログラマーとして感じているやりがいは、いかに「顧客の利益への貢献するか」ということをお伝えしました。

やっぱり手動で作業をしていると、時間もかかってしまいますし、ミスをする可能性も高くなります。


そこをプログラムによって自動化することで、手動によりミスを防ぎ、手作業よりも速く作業を終えることが可能となります。


時間節約、人的節約、そして安全面。

プログラムによってこれらを手に入れることが可能となるわけです。


これにより、時間や人的節約によって得られた利益を元に、次のプロジェクトへと展開していくことも可能となるでしょう。

もちろん、ひとつのシステムを自動化するとなると、それなりの工数=費用が必要となります。


その費用が僕たちプログラマーの利益ということになります。


お客様の利益につながるようなシステムを提供し、開発工数の費用を頂く。
この顧客とプログラマーの関係は、ともにWin-Winの関係だと僕は思います。


お客様の要望をしっかりと取り入れ、その要望を応えるように提案を行う。

そして、ひとつのシステムを作り上げ、お客様の利益に貢献する。


こんなやりがいが、プログラマーのお仕事には詰まっているんです。


単純に命令された作業だけでは面白くありませんよね?



自分が作った仕組みで誰かが「便利になる」「得をする」「安全になる」。

そんなお仕事を僕は誇りに思っています。


プログラマーになりたい方は、「自身のやりがいがどこにあるのか」
というのを思い浮かべつつ、プログラマーのお仕事を見ていただきたいと思います。


やはり人の役に立つ、ということが一番のやりがいですからね!


以上、「プログラマーのやりがいは?顧客の利益に貢献する3つの内容も!」でした。